尿路結石と戦う日々

【私の厄年は悲惨でした…】尿路結石と戦う40代男性の物語

 




現在は満43歳(数え年45歳)。

本厄の年、ついに尿路結石症になってしまいました。



それ以前にも小さな結石に悩まされていましたが、その年はとにかく大きな石で、自然に体外に排出できるサイズではありませんでした。

私には胆石が少し前からあり、内科を受診していました。


薬で大きく成らないようにしながらも、石が動いて痛みが出る時には痛み止で押さえていました。


暫くはそれで様子を見ていましたが、厄年の夏、何時もの様に痛みが出たので薬を飲み安静にしていました。


何時ならそれで翌日には回復するのですが、その時は治まらなかったので掛り付けの病院を受診。


なにかいつもと違う雰囲気に気付き隣街の大きな市民病院の紹介状を貰い、翌日に行きました。



もしかしたら手術かな?とは思いながらも、大きな病院なので入院や手術の日程を決める位だろうと思っていました。

まだ痛みがありましたが、一通りの検査をしました。

すると医師から、

「今日、今から手術をします。ご家族は?緊急ですから至急呼んで下さい!胆石が胆管に詰まって胆のうが壊死している可能性が大きいです!こんなになるまで良く我慢できましたね!?」

等と言われそのまま緊急入院をしたのです。



入院して手術をすることになってしまいました。

ただでさえ結石が悪さをして背中が死ぬほど痛かったのに、手術はそれ以上に痛くてまさしく人生最大の痛みでした。
 

石ができやすい体質は尿路結石も注意


何とか手術は成功し、退院することができました。


ただ、その時医師から言われたのが


「あなた、体に石ができやすい体質だから気をつけてね。特に尿路結石」


という言葉。


せっかくの退院なのに暗い気持ちで家路に着いたのでした。

思い返せば当時はコーヒーをガブガブ飲んでいました。


深夜にビールを飲んで脂っこいものをよく食べて、そのまま泥酔していました。


真夏でも汗をかいているのにろくに水分補給せず、喉がカラカラの状態で過ごしていたように思います。


このような生活を続けると、知らない間に腎臓に結石ができてしまい、短期間のうちに大きく育つのです。

体内に結石をつくる原料はコーヒーや緑茶、バナナ、チョコ、ほうれん草などに多く含まれています。


それらを多く摂取すると結石ができやすいと言われていて、退院後はこれらを食べない生活が始まったのです。


しかし、何よりもしつこく医者に言われたのが

 

水を飲みなさい!!

 

ということ。



適度にミネラルウォーター(軟水)を飲んでおしっこと一緒に体外に結石を排出しなければなりません。

結石が小さいうちに排出すれば全く痛くないのです。

私はそれを怠りました。


以前もかかりつけの医師からは結石予防の為に毎日2リットルのミネラルウォーターを飲んでくださいと言われていたのに面倒くさくなって途中でやめてしまっていたのです。




 

 

 

「どうしたら水を飲むのを続けられるか?」妻と相談した結果…

 

家に帰った後、妻と今後どうやったらサボらずに水を飲むことができるか話し合いを行いました。

 

まず、話し合ったのは水を飲むことに対するハードルを挙げることでした。

 

結果問題点はこの3つでした。

 

1、浄水器をつけてても水道水はちょっと…

2、ミネラルウォーター箱買いは面倒

3、空きペットボトルが貯まるのがイヤ

 


 

 

1、浄水器をつけてても水道水がちょっと‥

 

子供の頃は水道水をガブガブ飲んでいました。


小中学校では休み時間ごとに水飲み場に言ってましたっけ。

 



でも、大人になった今。


いつの間にか水道水を飲まなくなったのはなぜでしょうか…?

 



別にカルキの臭いとかもしないのに、なぜか水道水に拒否反応が出てしまうんですよね。

 

やっぱり、水はミネラルウォーターを買わなければ、という結論に。

 

 

 

2、ミネラルウォーター箱買いは面倒

 

以前医師から「毎日2リットルの水を飲むように」と言われた当初は、休日にミネラルウォーターの箱買いをしていました。

 

ただ、この難点が「重い」こと。

 



買った店から家までは車に載せているので問題ないのですが、駐車場から家に運ぶまでがキツい…。


エレベーターまでで一仕事。


さらに玄関までで一仕事。

 


このキツさと面倒でいつの間にかミネラルウォーターの箱買いを止めてしまいました。

 

 

 

 

3、空きペットボトルが貯まるのがイヤ

 

これは妻から出た不満です。

 

毎日毎日、空のペットボトルが出るのを本当に嫌がっていました。


2リットルのペットボトルって潰しても結構嵩張るんですよね。

 



で、我が家のペットボトル捨て場である台所に妻は不満を持っていたようです。

 

「邪魔だし、何より見栄えが悪い!」

 

はい、すみません…。

 

 

 

 

妻と話し合いをした結果、辿り着いたのが

 

「朝の通勤時にコンビニで水を買い、帰る前に捨てる」

 

という方法でした…。




 

 

 

 

建築士の先生のお宅にあったのは…?

 

 

 

 

朝、駅前のローソンで水を買う生活が始まりました。

 

さすがに2リットルは重いので、500mlを2本買う毎日。

 

仕事途中でも自販機で水を買う生活です。

 

もちろん、コンビニや会社でペットボトルを捨てていきます。

 

そして家では浄水器で濾過された水道水を飲むことに。

 

 

 



そんなある日、一級建築士の先生のお宅へ打ち合わせに行く機会がありました。

(ちなみに私は建設業界で働いています)

 

先生のお宅で打ち合わせをする際に「コーヒーでいいですか?」と聞かれたのです。

 



尿路結石予防週間?である私はコーヒーを避けていたので、水をお願いしました。

 

すると先生は「じゃあ、このコップでそこのサーバーからどうそ」

 

とおっしゃったのです。

 



広いリビングの端にウォーターサーバーが置いてあり、私は水を飲みました。

 

「う、うまい」

 

これが偽らざる感想でした。

 

天然水ってやっぱり違うんですよね、実際。

 

 

 

これが自分の家にもあったらなあ、これだったら玄関まで運んでくれるし、空きペットボトルも出ないし…。

と思いましたが、妻が許してくれるかどうか…。

 




この悩みを先生に打ち明けると、先生はこうおっしゃいました。

 

「サーバーの色を奥さんに選ばせること」

「自然もミネラルが入っているからお肌に良いみたいだよ?」

 

この2つでバッチリだと。

 



さすが一級建築士の先生、この方法で簡単に妻も納得してくれました。

 

これで毎日水を飲んで、尿路結石を回避します!!

 

 

 



私が飲んでいるミネラルウォーターはこちらです。

 

 

天然水で叶える美味しい、家中生活【デイリーウォーターby goo